20代の女性

ニキビは思春期の特権のような感覚で多くの人が捉えていますが、実際には20代になっても発生する人がいます。

発生のやり方や見た目も変わらないので同じだと考えてしまいますが、実は20代になってできるニキビは思春期の頃のものとはその発生する原因が異なっています。

20代になっても発生する場合の原因は大きく三つあり、一つ目は肌が乾燥して間違ったスキンケアや対処法を行った場合、二つ目はストレスや生活習慣の乱れや生理などの体調不良、三つ目は食生活の偏りで甘いものを食べ過ぎたり酒やコーヒーの飲みすぎです。

この三つの原因は単体で発生するケースもありますが、複合的に合わさって発生するのが多いのでどれか一つを改善しても治るかどうかは難しいでしょう。

生活や食事を改善して規則正しい生活を送ればなりにくいというのは分かっていますが、20代の頃は人付き合いや仕事関係などでなかなか規則正しい生活というのが送りにくいので、ここは化粧水を使って対処するというのが適した方法と言えます。

大人ニキビに効果的な成分というのはグリチルリチン酸・サリチル酸・ビタミンC誘導体ですが、これらの成分を配合しているのは医薬部外品と薬用化粧水になり、肌のコンディションも考えると薬用化粧水でこれらの成分を含んでいる商品で対応するというのが最適な方法です。

現在はこのような肌トラブルを解決するための化粧水が数多く販売されていて、成分が高く効果を得やすいものというのは医薬部外品指定の化粧水になっているので、そのような指定を受けた商品を使用してみて下さい。

潰してしまうというのは最悪な対処法であり、そこから雑菌が入って化膿することもあるので決して行わないで下さい。

この医薬部外品指定の化粧水ですが、使用法については各製品で若干の違いがありますが、基本的には化粧水と同じやり方で使うといいでしょう。

ただし特別な成分が配合されているのでその上から化粧をすると悪影響を与えることもあるので、できる限りナチュラルメイクにするか適合性のある化粧品を使用するようにすれば問題はありません。

この化粧を厚くすると皮膚呼吸ができなくなり、老廃物が蓄積しやすくこれも大人ニキビの原因に関係してしまいます。

20代であれば自分の素肌のきれいさを表面に出しても大丈夫なので、使う化粧品は化粧水や乳液程度にして、必要以上に化粧を施さないというのもそれから以後の肌を守るという意味でも大切です。

自分の肌は他の人がどうすることもできないので、将来のためにしっかりとしたケアを心掛けるようにして下さい。