20代の女性

20代の若い人に多い悩みが毛穴ですが、実はこの年代の悩みはいくつかの種類に分けることができます。

まず、ボツボツと目立っているのに悩んでいる場合は、開いてしまっている状態です。

頬などに多く見られる状態で、ミカンの皮のようになっています。

オイリー肌の場合は、皮脂の過剰な分泌が原因なので皮脂量を抑制できる化粧水がおすすめです。

ビタミンC誘導体は皮脂の分泌を抑えて、お肌をサラサラにしてくれます。

乾燥しているのに開いてしまうという場合は、お肌の水分量が減っていることが原因です。

セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が入った化粧水を選びましょう。

20代は若々しいお肌で皮脂分泌も活発です。

自分は脂性肌だと思っている人も多いですが、表面はオイリーだけれどもお肌の内側が乾燥しているというインナードライの女性が増えています。

お肌はうるおいによって守られていますが、乾燥が進むとうまく守ることができず皮脂を分泌してガードします。

てかりが気になるのに、乾燥しているというような場合はインナードラの可能性が高いです。

皮脂のケアをしている人が多いですが、さっぱりとしたケアだけではこの状態は改善しません。

ティッシュなどでお肌の皮脂を拭き取る人もいますが、水分の蒸発を促進してしまうばかりか、摩擦によってお肌にダメージを与えてしまうので絶対に行ってはいけません。

インナードライで最も大切なのは、お肌にうるおいを与えてあげることです。

化粧水は保湿力の高いものを選ぶ必要があります。

化粧水だけでは保湿が不安だと言う場合は、とろみ化粧水がおすすめです。

また、本来は排出されるはずのメラニン色素が毛穴の入り口に蓄積して、黒く目立ってしまうという症状も目立ちます。

美白成分が配合された化粧水でメラニン色素の排出を促進する必要があります。

具体的には、アルブチンやプラセンタなどの美白成分です。

ハイドロキノンは皮膚科でも使用されているほど、美白効果が高い成分です。

お肌が敏感な人には刺激が強すぎることもあるので、その場合はカンゾウエキスなどの刺激の弱いものを選ぶといいでしょう。

20代のきれいなお肌を守るためにも、毛穴のケアは毎日しっかりと行うことが大切です。

化粧水を使う時にはやさしく浸透するようにしましょう。

手やコットンでゴシゴシこすってしまうと、刺激になってしまいます。

化粧水の後にはクリームを使ってしっかりとうるおいに蓋をすると効果的です。